鳥取銀行

金融機関コード:0166

  • 店舗・ATM検索
  • こんなときはどうするの?

文字サイズ

  • 中
  • 大

過去のイベント紹介

2016年11月

『ビジネス・エンカレッジ・フェア2016』の開催について

平成28年11月9日(水)・10日(木) 、マイドームおおさか(大阪市)にて開催された『ビジネス・エンカレッジ・フェア2016』に、昨年に引き続き共催行として参加しました。

『ビジネス・エンカレッジ・フェア2016』は、当行、池田泉州銀行、但馬銀行のお取引先である製造業者が持つ特徴のある製品・サービスなどを展示する商談会です。

今年で17回目を迎える本フェアでは、2日間で184社・団体が出展し、8,800名を超える来場があり、各ブースで多くの商談が行われました。

当行のお取引先5社(ダイヤモンドビジネス株式会社(八頭町)、株式会社ウッドプラスチックテクノロジー(倉吉市)、株式会社エナテクス(倉吉市)、株式会社寺方工作所(北栄町)、株式会社大協組(米子市))もブースを設けて、各社が特徴のある技術力や製品を来場者へ積極的にPRしました。

各出展ブースでは多くの来場者が集まり、出展者の熱心な製品説明に強い関心を示され、製品の特徴、価格など具体的な質疑応答の場面が見られるなど、活気のある商談会となりました。

昨年に引き続き、特別企画として3行の地方創生の取組みを紹介するコーナーが設けられました。当行は、自行の地方創生への取組みを関西企業や参加大学等へPRする機会と捉え、独自に製作した「まち・ひと・しごと創生」に関する取組支援のパネルを展示するとともに、「移住・定住促進ローン」などのチラシを配布し、来場者に情報発信を行いました。

10月に発生した鳥取中部地震により大きく影響を受けている、観光産業をはじめとする県内企業の復興支援として、鳥取県の協力を得て「鳥取県物産展」を開催しました。来場者に鳥取の物産品を販売するとともに、鳥取県の観光PRポスターの掲示とチラシ配布を行い、鳥取県の安全性と魅力をPRしました。物産品販売は、1日目で売り切れてしまう商品があるなど好評で、また、来場客から多くの励ましの声をいただきました。

当行は、今後ともお取引先企業の販路拡大の支援を行うことで、地域経済の発展に貢献してまいります。

インターネットバンキング

  • 法人のお客さまログイン
  • サービスの案内

法人のお客さま 資料請求

ご注意ください