鳥取銀行

金融機関コード:0166

  • 店舗・ATM検索
  • こんなときはどうするの?

文字サイズ

  • 中
  • 大

過去のイベント紹介

2019年3月

鳥取大学・鳥取銀行連携セミナー「おいしい“ローカル資源”」の開催について

平成31年2月28日(木)、鳥取大学湖山キャンパスにて、鳥取大学・鳥取銀行連携セミナー「おいしい“ローカル資源”」を開催しました。

当日は、鳥取県内企業の方や大学、支援機関を中心に多数ご来場いただきました。

本セミナーは、鳥取大学と当行が締結している「連携協力に関する協定」の一環としてシリーズで開催しており、大学の持つ技術シーズ、知、地元企業との産学連携の事例等を参加企業の方などに紹介することで、産(企業)と学(大学)の連携による地域産業の活性化や新たな産業の創出などにつなげることを目的として開催しているものです。

まず、株式会社AKARI BREWING醸造長の清部様から、『マイクロブルワリーの挑戦と「シトラス・サワーエール」』と題して、大学との連携によって誕生した新商品「CitrusSourAle(シトラス・サワーエール)」を中心に、クラフトビール醸造所としてのこれまでの軌跡や商品開発等についてご紹介いただきました。

次に、鳥取大学大学院連合農学研究科の児玉教授から、『ローカル酵母が拓く鳥取の新しいものづくり』と題し、未活用の地域資源を発掘し、地域のものづくりへ活用する取り組みとして、梨の葉茶の紹介や、AKARI BREWINGにも提供している「ローカル酵母」の活用と今後の展開についてお話しいただきました。

講演後には、製品試飲・情報交換会を行い、講演内で紹介されたCitrusSourAleや梨の葉茶、同じくローカル酵母を使用した食パン(一心庵様 提供)を実際に試食しながら、講師を交え活発な意見交換がなされました。

当行は、鳥取大学と今後も協力し、連携を強化するとともに、お取引先企業の様々な課題解決に向けたご支援を実施することで、地域経済の発展に貢献してまいります。

インターネットバンキング

  • 法人のお客さまログイン
  • サービスの案内

法人のお客さま 資料請求

ご注意ください