鳥取銀行2020年新卒採用案内サイト

教育・研修制度

自分自信の成長が地域の発展へとつながっています。大切なのは「向上心」です。

学生時代に学んだ知識が社会に出てすぐ実践力として役立つ訳ではありません。それを土台にして今後どう活かし、どう発展させていくかがむしろ大切だと当行は考えています。入行時より、年齢・階層別と職能別に段階を追って独自の研修・教育プログラムがあり、行員の能力アップをサポートしています。 また、行外の専門機関への派遣研修や幅広い分野にわたる通信講座や各種資格取得奨励金制度など、地域のあらゆるニーズに対し的確に対応できる人材の育成に力を入れています。

しかし、これらの体系化された人材開発プログラムも、身につくかどうかは本人の姿勢次第です。自分はいったい何をやりたいのか。どうありたいのか。自分の夢や地域の成長を実現させるために大切なのは、なんといっても皆さんの”向上心”です。

階層別研修

新入行員は入行直後から新入行員研修を行い、社会人や銀行業務の基礎を学びます。その後、営業店へ配属となりますが、各職場でもOJT(On the Job Training:職場内研修)により計画的に様々な銀行業務を経験し、早期の業務習得を目指します。
また、支店長代理や次長、支店長への昇進に伴い、「支店をマネジメントする」といったものに重点を置いたマネジメント研修等も行っています。

業務別研修

「法人営業」「個人営業」「テラー業務」「融資業務」等、銀行の業務を区分し、それぞれの業務スキルの向上を目的とした研修を行います。現在の担当と今後のキャリア開発に合わせて、提案力や分析力の向上、商品知識等を身に付けます。年齢は関係なく、業務別に研修を行うため、先輩から後輩へのアドバイスがあったり、同じチームとなって課題に取り組むこともあります。

行外派遣研修

全国地方銀行協会やメガバンク等に派遣され、専門的な知識やスキルを身に付けます。 期間は地方銀行協会への派遣で1~2週間程度、メガバンクで6ヶ月~1年程度です。 また、銀行員としてのグローバルな視野及び見識の向上を図るべく、海外研修も実施しています。これまでに上海、タイ、ベトナム、シンガポール、マレーシア等の東南アジアを中心に訪問しています。

自己啓発

銀行業務の分野にとどまらず、公認会計士や税理士、司法書士、TOEIC等の各種公的資格の取得支援を行っています。そのほか、幅広い分野にわたる知識の向上を目的に各種通信講座や検定試験についても、目的意識を持って取り組めるプログラムとなっています。また、通信講座や資格取得には自己啓発奨励金制度により、金銭面のサポートも行っています。

教育・研修プログラム

教育・研修プログラム

  • リクナビ2020登録
  • お問い合わせ 株式会社鳥取銀行 人事部採用担当 0857-37-0250 受付時間/9:00〜17:00(銀行営業日)