鳥取銀行

金融機関コード:0166

  • 店舗・ATM検索
  • こんなときはどうするの?

文字サイズ

  • 中
  • 大

ジュニアNISA(未成年者少額投資非課税制度)とは

NISAについて

投資信託の注意事項リスクや手数料についてはこちらをご確認

ご相談フォームはこちら

上場株式・株式投資信託の売買益や配当・分配金などが非課税になります!

ジュニアNISAのポイント

  1. 株式投資信託・上場株式の譲渡所得・配当所得が非課税(当行では株式投資信託のみとなります。)
    投資額からの収益(売却益・配当等)は非課税です。
    他の口座との損益通算はできません。
  2. 対象は日本に住む0〜19歳の未成年者の方で、口座開設は1人1口座
    開設する金融機関の変更はできません。ただし口座を廃止した後、別の金融機関で再開設することはできます。
  3. 親権者等が代理で資産運用を行っていただきます
  4. 平成28年から平成35年まで毎年80万円の非課税枠(5年で最大400万円
    各年80万円の非課税口座の枠は、翌年以降に繰り越しできません。
  5. それぞれ投資をはじめた年から最長5年間の非課税期間
  6. 20歳以降は自動的にNISA口座が開設されます
  7. 18歳までは払出し制限があります
    災害等やむを得ない場合には非課税での払出しが可能です。
    上記以外での払出しは過去の利益に対しても課税されます。またジュニアNISA口座は廃止されます。

制度概要

制度継続期間 平成28年4月1日〜平成35年12月31日の8年間
対象者 各年の1月1日現在で0〜19歳の居住者
非課税対象

非課税口座内で発生する株式投資信託等の配当所得、譲渡所得。

非課税額

年間80万円までが非課税。

※未使用枠は翌年へ繰越しできません。

※非課税限度額は最大で400万円(80万円×5年)

非課税期間

最長5年(5年目の年末まで)。

※5年経過(非課税期間終了)後、翌年分の非課税口座枠があれば、ジュニアNISA口座で保有することができます。

非課税口座 全ての金融機関で1人1口座のみ開設できます
運用管理

親権者が代理で資産運用を行っていただきます

払出制限

ジュニアNISAで購入した株式投資信託等はいつでも売却できます。ただし、売却代金は18歳(※1)までは払出しできません(※2)が、ジュニアNISA口座での非課税投資枠(80万円)の範囲内において、再投資することは可能です。

※1 3月31日時点で、18歳である年の1月1日以降(例:高校3年生の1月以降)

※2 ジュニアNISA口座から払出しを行った場合には、ジュニアNISA口座が廃止され、原則過去に非課税で支払われた配当等や、過去に非課税とされた譲渡益については、非課税の取扱いが無かったものとみなされて、払出し時に課税されます。(災害等をやむを得ない場合には、非課税での払出しが可能)

口座開設の流れ

NISA口座を開設できるのは、全ての金融機関で1人1口座だけです。非課税口座開設にあたっては鳥取銀行経由で、税務署から「未成年者非課税適用確認書」の交付を受ける必要があります。
NISA口座開設は手続き後1ヶ月半程度必要となります。

ご相談フォームはこちら

投資信託トップへ

平成29年4月3日

お問い合わせ

鳥取銀行個人金融部 0857-37-0261 受付時間/9:00〜17:00

商  号:株式会社 鳥取銀行 登録金融機関 中国財務局長(登金)第3号
加入協会:日本証券業協会

インターネットバンキング

  • 個人のお客さまログイン
  • サービスの案内

ご注意ください