鳥取銀行

お問い合わせ

住宅ローン

資金計画について

マイホームの購入にあたって資金計画を立ててみましょう

マイホームの購入資金は、自己資金と住宅ローンを組み合わせて用意するケースが多いようです。

自己資金は、主に物件の頭金や諸費用を払うためのお金で、「物件価格の20%~30%程度」がめやすと言われています。

残りの資金は住宅ローンで準備することになりますが、十分な自己資金の準備が安全な資金計画の基本となります。

ライフイベントと資金計画について

人生には、就職、結婚、出産、子育て、住宅購入、リフォーム、リタイヤなどさまざまな出来事(ライフイベント)があります。各ライフイベントには大きな出費が発生することもあります。

例えば、住宅の購入と、子供の進学等の時期が重なってしまうと、まとまった資金が短期間の間に必要となります。住宅ローンのご返済は長期間にわたることが一般的です。今だけでなく、将来の家計収支の変化があっても無理なく返済できる資金計画をたてましょう。

返済比率の目安を把握

住宅ローンの借入可能額を決めるポイントは「返済比率」です。

返済比率とは、毎月の収入に対して、毎月の返済額がどのくらいの比率の目安を示したものです。

年間所得(税込) 土地及び建物購入の場合
400万円未満 30%以内
400万円以上 35%以内

※上記は鳥取銀行「ベストホームローン」の場合の返済比率です。
返済比率は低いほうが、より安心してご返済をしやすくなります。

その他の条件によっても資金計画は変わりますので注意しましょう。

ご相談申込み

ローンのご相談

  • インストアブランチ
  • ローンプラザ
  • ご相談専用
	   フォーム